読書ノート

それでもなお生きる

著者:佐々木 常夫 出版社:河出書房新社 2014年12月刊 \1,512(税込) 205P ご購入は、こちらから 育児、家事、介護に追いかけられながら6度の転勤をするという激務に耐え、仕事でも結果を出した人物が書き下ろした人生訓である。 著者の佐々木氏は、1944年…

いのちの姿

著者:宮本 輝 出版社:集英社 2014年12月刊 \1,296(税込) 181P ご購入は、こちらから 小説家の宮本輝が久しぶり(たぶん13年ぶり)に出したエッセイ集である。 宮本輝は「希代のストーリーテラー」と評される。 よく考えると現実にはあり得ないようなストー…

日本人のためのピケティ入門

副題:60分でわかる『21世紀の資本』のポイント 著者:池田 信夫 出版社:東洋経済新報社 2014年12月刊 \864(税込) 77P ご購入は、こちらから トマ・ピケティ著『21世紀の資本』が売れている。 728ページで厚さが4.6cmもある文字通り「圧巻」なのに、…

1%の力

著者:鎌田 實 出版社:河出書房新社 2014年9月刊 \1,080(税込) 214P ご購入は、こちらから 僕の大好きな鎌田實さんの最新刊。 ベストセラーになった『がんばらない』から14年。 「1%は誰かのために生きよう」という新しい生き方を提案する、新しいカマタ…

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

副題:再生・日本製紙石巻工場 著者:佐々 涼子 出版社:早川書房 2014年6月刊 \1,620(税込) 267P ご購入は、こちらから 東日本大震災で破壊された製紙工場が、短期間で復旧するまでの過程を追ったドキュメンタリーである。 被災した工場とは、宮城県石巻市…

一冊からもっと学べるエモーショナル・リーディングのすすめ

著者:矢島 雅弘 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014年11月刊 \1,404(税込) 253P ご購入は、こちらから みなさん、こんにちは。 「晴読雨読日記」発行人、ブックレビュアーの浅沼ヒロシです。 あなたは、本を読むのを苦痛に感じることはありませ…

人生相談。

著者:真梨幸子 出版社:講談社 2014年4月刊 \1,620(税込) 364P ご購入は、こちらから “積ん読”が多くなると、山になった本を選んだ理由がわからなくなることがある。 どこかで書評を読んでアマゾンに注文したのか、書店でパラパラとめくって買うことにした…

国家はなぜ衰退するのか 上・下

副題:権力・繁栄・貧困の起源 著者:ダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン 鬼澤忍/訳 出版社:早川書房 2013年6月刊 上・下巻とも\2,592(税込) 360P,358P ご購入は、こちらから ご購入は、こちらから 裕福な国と貧しい国で、収入と生活水準に…

癒し屋キリコの約束

著者:森沢 明夫 出版社:幻冬舎 2014年8月刊 \1,620(税込) 387P ご購入は、こちらから 肝っ玉ねえさんが主人公の、心がほっこりする小説である。 プロローグは、背の高い男が階段をあがるシーンからはじまる。 手にミリタリー・ナイフを握っている。 足音を…

シャバはつらいよ

著者:大野 更紗 出版社:ポプラ社 2014年7月刊 \1,404(税込) 217P ご購入は、こちらから 2011年に出版された大野さんの初めての本『困ってるひと』には驚いた。 難病にかかって困っている様子を書いているのだが、ほかの「闘病記」が発している暗さやしんど…

真実 

副題:新聞が警察に跪いた日 著者:高田 昌幸 出版社:柏書房 2012年3月刊 \2,052(税込) 285P ご購入は、こちらから 表紙の著者名の前に、「元北海道新聞報道本部次長」と肩書きが書いてある。 「元」が示すとおり、著者の高田氏は北海道新聞を定年退職前に…

悟浄出立

著者:万城目 学 出版社:新潮社 2014年7月刊 \1,404(税込) 206P ご購入は、こちらから 中国古典の脇役が、もし主役になったらどうなるか? という趣向で書かれた5遍の短編集である。書名にもなっている第1遍「悟浄出立」では、いつも孫悟空の脇役にまわっ…

銀翼のイカロス

著者:池井戸 潤 出版社:ダイヤモンド社 2014年7月刊 \1,620(税込) 373P ご購入は、こちらから 昨年7月からTBS系で放送されたテレビドラマ「半沢直樹」は、9月22日に放送された最終回の視聴率が40%を越え、国民的ヒットとなった。 ピンチに続くピ…

誰にでも、言えなかったことがある

副題:脛に傷持つ生い立ち記 著者:山崎 洋子 出版社:清流出版 2014年6月刊 \1,620(税込) 222P ご購入は、こちらから 小説家には2通りの小説家がいる。 自分の体験をもとにした作品しか書けない小説家と、想像力で作品を書ける小説家の2通りだ――と作家自…

タモリさんに学ぶ話がとぎれない雑談の技

著者:難波 義行 出版社:こう書房 2014年3月刊 \1,512(税込) 247P ご購入は、こちらから 1982年にはじまったフジテレビの「笑っていいとも!」が今年3月31日に終了した。 「うわさのチャンネル!!」、「今夜は最高!」以来のタモリファンのはしくれとして、…

社会の抜け道

著者:古市憲寿 國分功一郎/著 速水健朗/構成 出版社:小学館 2013年10月刊 \1,836(税込) 254P ご購入は、こちらから TBSラジオで2ヶ月に1度放送している「文化系トークラジオ Life」という深夜放送がある。 僕は深夜1時からの放送をナマで聞くほど…

校閲ガール

著者:宮木 あや子 出版社:KADOKAWA 2014年3月刊 \1,296(税込) 222P ご購入は、こちらから 僕は本のレビューを書くまえに、気になる個所、感動した個所をパソコンに書き写す(キーボードで打ち込む)作業をしている。 書き写しをはじめた理由は、図…

物を売るバカ

副題:売れない時代の新しい商品の売り方 著者:川上 徹也 出版社:KADOKAWA 2014年5月刊 \864(税込) 207P ご購入は、こちらから 『物を売るバカ』という刺激的なタイトルだが、決して物を売る商売をバカにする本ではない。 ふつうに物(商品)を売っていれ…

お父さんがキモい理由を説明するね

副題:父と娘がガチでトークしました 著者:中山 順司 出版社:泰文堂 2014年5月刊 \1,296(税込) 319P ご購入は、こちらから 40代前半の著者が中学1年生の娘と「ガチでトーク」した内容をまとめた本である。 小学校時代は娘とよく会話をしていた著者の中…

かくて老兵は消えてゆく

著者:佐藤 愛子 出版社:文藝春秋 2013年8月刊 \1,512(税込) 237P ご購入は、こちらから 主婦の友社が出している50代以上の女性向け雑誌「ゆうゆう」の2年分の連載をまとめた本である。 雑誌「ゆうゆう」の長期連載は、これで3回目だそうだ。過去2回、そ…

サバイバル宗教論

著者:佐藤 優 出版社:文藝春秋(文春新書) 2014年2月刊 \864(税込) 270P ご購入は、こちらから ここのところ、佐藤優がマイブームになっている。 佐藤流コミュニケーション術を明かした『人たらしの流儀』と『人に強くなる極意』を読んでフムフムと感心し、…

職業、ブックライター。

副題:毎月1冊10万字書く私の方法 著者:上阪 徹 出版社:講談社 2013年11月刊 \1,620(税込) 229P ご購入は、こちらから 今年に入って、レビューを1本しか書いていない。 よし、ブログ再会するぞ! と決めた最初の1冊は、「毎月10万字書く」と豪語し…

流星ひとつ

著者:沢木 耕太郎 出版社:新潮社 2013年10月刊 \1,575(税込) 323P ご購入は、こちらから 1979年秋のある夜、ホテルニューオータニ40階のバー・バルゴーで、ひとつのインタビューがはじまった。 引退を表明したばかりの歌手、藤圭子に、ノンフィクション作…

未来予測

副題:ITの次に見える未来、価値観の激変と直感への回帰 著者:湯川 鶴章 出版社:SpikyWave株式会社 2013年6月刊 \1,250(税込) 468KB(P133) ご購入は、こちらから (※ この本は紙の本は販売せず、Kindle版電子書籍のみ販売している) 技術者を応援する「Tec…

小飼弾の失言学

著者:小飼 弾 出版社:洋泉社 2013年11月刊 \1,575(税込) 188P ご購入は、こちらから この本は、編集者さんから送っていただいた「献本」である。 2008年の秋から1年間、月刊「宝島」に隔々月(3ヵ月に一度)で書評を連載していたことがある。 連載タイト…

「すり減らない」働き方

副題:なぜあの人は忙しくても楽しそうなのか 著者:常見 陽平 出版社:青春出版社(青春新書INTELLIGENCE) 2013年4月刊 \860(税込) 189P ご購入は、こちらから もう何度も書いているが、昨年の夏に職場が変わってから、ものすごく忙しい日々が続いている。 …

大・大往生

著者:鎌田 實 出版社:小学館 2013年7月刊 \1,260(税込) 253P ご購入は、こちらから 2010年1月から、鎌田氏は『週間ポスト』で「ジタバタしない」という連載をはじめた。 連載の中から、病について、老いについて、死について書いた原稿を集めて、大幅に加…

バースト! 人間行動を支配するパターン

著者:アルバート=ラズロ・バラバシ/著 青木薫/監訳 塩原通緒/訳 出版社:NHK出版 2012年7月刊 \2,940(税込) 41226P ご購入は、こちらから 人間の行動はどれだけ予測できるのか、というつかみどころのない問題に取り組んだ学者が、大量のデータと格闘…

終わりの感覚

著者:ジュリアン・バーンズ/著 土屋政雄/訳 出版社:新潮社 2012年12月刊 \1,785(税込) 188P ご購入は、こちらから 英国作家の書いた中篇小説である。 主人公は穏やかな隠退生活を送る男。 決して裕福な生活は営んでいないが、趣味でドボルザークを聴いた…

怒れるおっさん会議inひみつ基地

著者:田尾和俊×勝谷誠彦 出版社:西日本出版社 2013年6月刊 \1,470(税込) 326P ご購入は、こちらから 讃岐うどん巡りブームの仕掛け人として知られる田尾和俊氏と、日本テレビ朝の情報番組「スッキリ!!」にレギュラーコメンテーターとして出演している勝谷…