読書ノート

人生論あなたは酢ダコが好きか嫌いか

副題:女二人の手紙のやりとり 著者:佐藤愛子,小島慶子 出版社:小学館 2020年5月刊 1,100円(税込) 189P ご購入は、こちらから 「父祖伝来の乱暴者の血を受け継いだ」佐藤愛子氏と「生眞面目さと無邪気さが同居」している小島慶子氏の往復書簡集である。

出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記

副題:こうして私は職業的な「死」を迎えた 著者:宮崎 伸治 出版社:三五館シンシャ 2020年12月刊 1,540円(税込) 246P ご購入は、こちらから 新聞に載っている出版広告でいつも目につく広告がある。 なんだかトホホな感じのイラストと、「ヨレヨレ日記」だ…

10代から知っておきたい あなたを閉じこめる「ずるい言葉」

著者:森山 至貴 出版社:WAVE出版 2020年8月刊 1,540円(税込) 208P ご購入は、こちらから ざっくり要約すると、「10代の若者向けに、マウンティングに負けない方法を教える指南書」である。 10代向けに読みやすい内容と構成に仕上がっているが、「…

人新世の「資本論」

著者:斎藤幸平 出版社:集英社 2020年9月刊 1,122円(税込) 375P ご購入は、こちらから 人類の環境破壊がひどくなって、気候変動が取り返しのつかない事態に近づいている。 この危機を乗りこえるためには、晩年のマルクスが考えていたように、資本主義に立ち…

はんぶんのユウジと

著者:壇 蜜 出版社:文藝春秋 2019年10月刊 1,595円(税込) 185P ご購入は、こちらから蒲田健というラジオパーソナリティをご存知だろうか。 1966年東京都出身で、現在53歳。 低音のナイスボイスでいろいろなスポーツイベントの会場MCやDJを務めている。…

大名倒産 上・下

著者:浅田次郎 出版社:文藝春秋 2019年12月刊 1,760円(税込) 351P ご購入は、こちらから 著者:浅田次郎 出版社:文藝春秋 2019年12月刊 1,760円(税込) 348P ご購入は、こちらから 浅田次郎の作風をものすごく乱暴にまとめてしまうと、 読者の哀惜や悲しみ…

信長の原理

著者:垣根 涼介 出版社:KADOKAWA 2018年8月刊 \1,944(税込) 588P ご購入は、こちらから 「働きアリの法則」をご存知だろうか。 働きアリはみんながんばって食料を集めているように見えるが、よく観察してみると、よく働くアリが2割、ふつうに働く…

死ぬこと以外かすり傷

著者:箕輪 厚介 出版社:マガジンハウス 2018年8月刊 1,512円(税込) 173P ご購入は、こちらから 僕の実家は北海道の酪農家だったが、跡を継がなかった。 大学を出て会社員になった僕は、毎日きちんと会社に通い、配属された職場でコツコツと仕事をしてきた…

君が生きる意味

副題:人生を劇的に変えるフランクルの教え 著者:松山 淳 出版社:ダイヤモンド社 2018年7月刊 \1,512(税込) 277P ご購入は、こちらから ブラックな職場で苦しむ青年の目の前に、ある日小さな変なおじさんが現れ、人生に向かう姿勢をガラッと変えさせてくれ…

お義父さん

著者:はなわ 出版社:KADOKAWA 2017年12月刊 \1,350(税込) 222P ご購入は、こちらから 毎週月曜よる7時から日本テレビ系列で放送している「有吉ゼミ」というバラエティー番組がある。 番組名に「有吉」と付いているとおり有吉弘行が司会進行する番…

おもかげ

著者:浅田 次郎 出版社:毎日新聞出版 2017年12月刊 \1,620(税込) 377P ご購入は、こちらから 小説家浅田次郎氏の最新刊である。 本の内容に入る前に、今日は余談からスタートさせていただく。

久米宏です。

副題:ニュースステーションはザ・ベストテンだった 著者:久米 宏 出版社:世界文化クリエイティブ 2017年9月刊 \1,728(税込) 337P ご購入は、こちらから 『ニュースステーション』や『ザ・ベストテン』の司会者を務めていた久米宏アナウンサーの書いた回顧…

無念は力

副題:伝説のルポライター児玉隆也の38年 著者:坂上 遼 出版社:情報センター出版局 2003年11月刊 \1,836(税込) 415P ご購入は、こちらから 児玉隆也という伝説のルポライターの生涯を辿った評伝である。 「児玉隆也」という名前を知っている人は少ないと…

平成のビジネス書

副題:「黄金期」の教え 著者:山田 真哉 出版社:中央公論新社 2017年8月刊 \886(税込) 261P ご購入は、こちらから 副題は「『黄金期』の教え」だが、帯に「なぜ栄え、衰えたのか?」というキャッチコピーが大きく書いてある。 そう。本書は平成のビジネス書…

七帝柔道記

著者:増田 俊也 出版社:角川書店 2013年2月刊 \1,944(税込) 580P ご購入は、こちらから 著者の増田俊也氏は「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞受賞者で、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で世間の注目を集めた小説家、らしい。 あまりス…

文庫解説ワンダーランド

著者:斎藤 美奈子 出版社:岩波書店 2017年1月刊 \907(税込) 244P ご購入は、こちらから 著者の斎藤美奈子氏は、文芸評論家として多くの文芸評論や書評を書いている。 僕もブック・レビュアーを名乗っているので、「同業です」と言いたいところだが、活動量…

ビジネスエリートの新論語

著者:司馬 遼太郎 出版社:文藝春秋 2016年12月刊 \929(税込) 200P ご購入は、こちらから 帯に「20年ぶりの新刊!」と書いてある。 国民的作家として知られる司馬遼太郎の新刊なのだから、未発表小説が見つかったのか! と期待する人もいるかもしれないが、…

ツバキ文具店

著者:小川 糸 出版社:幻冬舎 2016年4月刊 \1,512(税込) 269P ご購入は、こちらから 木曜深夜にTBSで放送している『ゴロウ・デラックス』という番組をご存じだろうか。 「業界唯一無二のブックバラエティ」というキャッチフレーズの番組で、稲垣吾郎が本…

罪の声

著者:塩田 武士 出版社:講談社 2016年8月刊 \1,782(税込) 409P ご購入は、こちらから 昭和最大の未解決事件「グリコ・森永事件」を題材にした小説である。 グリコ・森永事件というのは、もう30年以上前の事件なので、知らない人のために説明すると、江崎…

脇坂副署長の長い一日

著者:真保 裕一 出版社:集英社 2016年11月刊 \1,728(税込) 371P ご購入は、こちらから 書店の棚を巡っていて、「おいでおいで」と呼ばれているような気がして手に取った。 著者の真保裕一氏の作品は、『ローカル線で行こう!』を3年前に読んだことがあり…

ゲルダ・タローの評伝

書名:ゲルダ 副題:キャパが愛した女性写真家の生涯 著者:イルメ・シャーバー 高田ゆみ子/訳 出版社:祥伝社 2015年11月刊 \2,268(税込) 457P ご購入は、こちらから 書名:ゲルダ・タロー 副題:ロバート・キャパを創った女性 著者:ジェーン・ロゴイスカ…

校閲ガール トルネード

著者:宮木あや子 出版社:KADOKAWA 2016年10月刊 \1,404(税込) 219P ご購入は、こちらから 毎週水曜日、夜10時から日本テレビ系列で放送している『地味にスゴイ! 校閲ガール』の原作本である。 今日取りあげる『校閲ガール トルネード』はシリーズ第3作…

イサの氾濫

著者:木村 友祐 出版社:未來社 2016年3月刊 \1,944(税込) 158P ご購入は、こちらから 東北を舞台にした短編小説である。 主人公の将司は、40歳を過ぎて職を転々としている。 大学を出て小さな出版社や印刷会社に勤め、本に関わる仕事をしていたこともあ…

コンビニ人間

著者:村田 沙耶香 出版社:文藝春秋 2016年7月刊 \1,404(税込) 151P ご購入は、こちらから このメルマガで芥川賞作品を取りあげたことはない。 直木賞が「大衆文芸作品中最も優秀なるもの」に授与されるのに対し、芥川賞は「純文学短編作品中最も優秀なるも…

帰郷

著者:浅田 次郎 出版社:集英社 2016年6月刊 \1,512(税込) 252P ご購入は、こちらから 太平洋戦争が終わって71年。 戦争の語り部は年々少なくなっていく。 「戦争を知らない世代」という言葉も古くなってしまったが、戦争が庶民の日常を破壊してしまうと…

「決め方」の経済学

副題:「みんなの意見のまとめ方」を科学する 著者:坂井 豊貴 出版社:ダイヤモンド社 2016年6月刊 \1,728(税込) 222P ご購入は、こちらから みんなの意見を正しくまとめるにはどうしたら良いか? という疑問を科学的に解きあかす内容である。 7月はじめに…

魂の退社

副題:会社を辞めるということ。 著者:稲垣えみ子 出版社:東洋経済新報社 2016年6月刊 \1,512(税込) 211P ご購入は、こちらから 書名:アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと 著者:稲垣 えみ子 出版社:朝日新聞出版 2016年6…

佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?

副題:宗教と科学のガチンコ対談 著者:竹内久美子 佐藤優 出版社:文藝春秋 2016年3月刊 \1,620(税込) 255P ご購入は、こちらから キリスト教信者であることを公言している作家の佐藤優氏と、動物行動学を学び遺伝子や生物について多くの著書を書いている竹…

あなたは、わが子の死を願ったことがありますか?

副題:2年3カ月を駆け抜けた重い障がいをもつ子との日々 著者:佐々 百合子 出版社:現代書館 2016年4月刊 \1,728(税込) 205P ご購入は、こちらから 重い障がいをもつ子と過ごした日々をつづった体験手記である。 2012年8月1日の深夜、軽い前駆陣痛を感じ…

片手の郵便配達人

著者:グードルン・パウゼヴァング/〔著〕 高田ゆみ子/訳 出版社:みすず書房 2015年12月刊 \2,808(税込) 241P ご購入は、こちらから 第二次世界大戦末期のドイツの片田舎を舞台にした小説である。 日本では昭和16年(1941年)12月8日の真珠湾攻撃から太平洋…