携帯電話新しくしちゃおうかな(その8)

(前回のつづき) 公式に保証している会社が見つからないとなると、SIMカードの入っていない iPhone は Wi-Fi でしか使えません。 残された方法は、新しくモバイルルータを契約して、モバイルルータに iPhone を Wi-Fi接続することです。これで iPhone はい…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その7)

(前回のつづき) 次の2択。 auとの契約を続けますか? やめますか? auとの契約をやめても電話番号は新しい契約先に引き継げます(ナンバーポータビリティ)が、いままで使っていた「……@ezweb.co.jp」のキャリアメールアドレスが使えなくなります。 僕…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その6)

(前回のつづき) ものごとを決めるとき、選択肢が多いとどう選んだらいいか分からなくなります。 「そんなときは、いっぺんに比べないで1対1で比べていくのが良いですよ」と教えてくれるのが石黒謙吾著『2択思考』です。(僕のレビューは→こちら) 今回…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その5)

(前回のつづき) いろいろ条件を調べて僕がえらんだのは…… auは解約せずにガラケーに機種変更する! iPhone を使い続けるために格安SIM会社とも契約する! という契約変更です。 あとで詳しく書きますが、毎月の支払いが全部で2,163円(税込)になり…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その4)

(前回のつづき) だいぶ前から、無表情なネコが「にゃんキュッパ」と言うCMが流れています。 また、少し前から魔法使いに扮した女の子が「あなたのスマホ、そのままで安くなる」というCMも流れています。 インターネットで調べてみると、次のようなこと…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その3)

(前回のつづき) 今にはじまったことではないけど、なんだかおかしいぞ! このまま機種変更しないで使い続けると損した気になるし、かといって自分が機種変更することで機種変更しない人に損をさせるのもイヤです。 しかも、しかも! 機種変更しても、機種…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その2)

(前回のつづき)さっそくauサイトの料金シミュレーターで iPhone 6s 64GB に機種変更したときの月額料金を計算してみたら、スーパーカケホ3Gで月額7,297円、たまにしか通話しないLTEプランで7,575円でした。 機種変更しない場合と、ほとんど料金が変…

携帯電話新しくしちゃおうかな(その1)

引越しを機に iPhone 5S に機種変更してから2年たち、やっと3月で分割支払いが終わります。 そのまま使いつづけたときの料金をauの窓口で調べてもらったところ、スーパーカケホ3Gという一番やすい料金プランで月額6,696円、LTEプランという通常契約…

ヘンタイ美術館

著者:山田五郎 こやま淳子 出版社:ダイヤモンド社 2015年11月刊 \1,620(税込) 301P ご購入は、こちらから 西洋絵画というと「ちょっと敷居がたかい」と敬遠する人がいますが、本当はおもしろいんですよー。 ちょっと変わった角度から解説してみましょうね…

終わった人

著者:内館 牧子 出版社:講談社 2015年9月刊 \1,728(税込) 373P ご購入は、こちらから 定年後の人生のすごし方を考えさせられる小説である。 主人公の田代は、大手銀行の子会社専務として63歳の定年をむかえた。 最終日のチャイムが鳴ると、クラッカーと花…

おばちゃん街道

副題:小説は夫、お酒はカレシ 著者:山口 恵以子 出版社:清流出版 2015年9月刊 \1,620(税込) 236P ご購入は、こちらから 40代末に作家デビュー、50代半ばで松本清張賞を受賞した著者が、作家になるまでの道のりを中心に、受賞後のテレビ出演の様子、現…

会社のITはエンジニアに任せるな!

副題:成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること 著者:白川 克 出版社:ダイヤモンド社 2015年12月刊 \1,728(税込) 256P ご購入は、こちらから 出版社さん、編集者さん、著者さんから書籍をお送りいただく機会が増えましたが、せ…

聞き書 緒方貞子回顧録

著者:緒方貞子/〔述〕 野林健/編 納家政嗣/編 出版社:岩波書店 2015年9月刊 \2,808(税込) 309P ご購入は、こちらから 1991年から10年間にわたり国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子氏の回顧録である。 緒方氏は、国連難民高等弁務官時代を自身でふりか…

モンローが死んだ日

著者:小池 真理子 出版社:毎日新聞出版 2015年6月刊 \1,944(税込) 500P ご購入は、こちらから NHKの大河ドラマ『真田丸』の放送がはじまった。 僕は大河ドラマをほとんど見ないのだが、脚本担当の三谷幸喜氏は昔からのファンで、出世作の『やっぱり猫が…

チャップリンとヒトラー

副題:メディアとイメージの世界大戦 著者:大野 裕之 出版社:岩波書店 2015年6月刊 \2,376(税込) 2937P ご購入は、こちらから チャップリンが監督・主演し1940年に公開された『独裁者』という映画がある。 当時ヨーロッパで勢力を拡大していたナチスの総統…

言ってはいけないクソバイス

著者:犬山 紙子 出版社:ポプラ社 2015年10月刊 \1,080(税込) 167P ご購入は、こちらから 「クソバイス」という聞き慣れない言葉は、著者の犬山氏の造語である。 「クソバイス」とは何か。 犬山氏の定義は、 求めていないのに繰り出される、クソみたいなア…

その文章、キケンです!

副題:部下の文章力を劇的に上げる79のポイント 著者:小田 順子 出版社:日本経済新聞出版社 2015年8月刊 \1,728(税込) 223P ご購入は、こちらから はずかしくない文章を書きたい、文章を上達させたい! という人は多い。 一方で、自分の文章術を知っても…

ブータン、これでいいのだ

著者:御手洗 瑞子 出版社:新潮社 2012年2月刊 \1,512(税込) 223P ご購入は、こちらから 糸井重里氏が 「意外と重要な本なのではないかと思う。」 と帯に推薦文をよせている。 「意外と……」というのは、ちょっと失礼な言い方だ。 「まあ、たいしたことない…

自己啓発の名著から学ぶ世界一カンタンな人生の変え方

著者:高田 晋一 出版社:サンクチュアリ出版 2015年10月刊 \1,404(税込) 239P ご購入は、こちらから 出版社さん、編集者さん、著者さんから書籍をお送りいただく機会が増えましたが、せっかくお送りいただいても、僕の読書スピードが追いつかず、レビューし…

面白くて眠れなくなる進化論

著者:長谷川 英祐 出版社:PHP研究所 2015年7月刊 \1,404(税込) 219P ご購入は、こちらから しろうと向けに「進化論」をできるだけやさしく説明してくれる解説書である。 「ダーウィン」とか、「遺伝」、「DNA」など、何となく理解しているつもりの言葉…

分類脳で地アタマが良くなる

副題:頭の中にタンスの引き出しを作りましょう 著者:石黒謙吾 出版社:KADOKAWA 2015年10月刊 \1,706(税込) 239P ご購入は、こちらから 著者・編集者として石黒氏は200冊の本を世に送り出してきた。 コミカル系からシリアス系、ロジカル系からエモ…

「昔はよかった」病

著者:パオロ・マッツァリーノ 出版社:新潮社(新潮新書) 2015年7月刊 \799(税込) 221P ご購入は、こちらから よく、「昔はよかった……」と嘆く年寄りがいるけれど、たいていは昔の記憶が美化されているだけ。 昔の社会も昔の人間も、ちっともよくなんかない…

騙されてたまるか

副題:調査報道の裏側 著者:清水 潔 出版社:新潮社(新潮新書) 2015年7月刊 \842(税込) 254P ご購入は、こちらから 調査報道の取材事例を通じて、「自分の目で見て、耳で聞き、頭で考える」ことの大切さ、真相に迫るプロセスを教えてくれる内容である。 悪…

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる

副題:日本人への警告 著者:エマニュエル・トッド/著 堀茂樹/訳 出版社:文藝春秋(文春新書) 2015年5月刊 \864(税込) 230P ご購入は、こちらから (昨日からの続き) 2冊目は、フランスの雑誌やインターネットサイトに掲載されたトッド氏へのインタビュ…

グローバリズムが世界を滅ぼす

著者:エマニュエル・トッド/著 ハジュン・チャン/著 柴山桂太/著 中野剛志/著 藤井聡/著 堀茂樹/著 出版社:文藝春秋 2014年6月刊 \896(税込) 246P ご購入は、こちらから 時事ネタとして最近よく耳にする「TPP」と「ギリシャ問題」を深く理解する…

生きるということ

著者:なかにし礼 出版社:毎日新聞出版 2015年6月刊 \1,728(税込) 261P ご購入は、こちらから サンデー毎日の連載を中心にし、新聞掲載のインタビュー2本と闘病記を加えたエッセイ集である。 著者のなかにし礼は2012年3月食道がんであることを発表したあと…

西太后秘録 近代中国の創始者

西太后秘録 近代中国の創始者 上 著者:ユン・チアン 川副智子/訳 出版社:講談社 2015年2月刊 \1,944(税込) 292P ご購入は、こちらから 西太后秘録 近代中国の創始者 下 著者:ユン・チアン 川副智子/訳 出版社:講談社 2015年2月刊 \1,944(税込) 300P ご…

Coyote No.55 特集旅する二人 キャパとゲルダ

副題:沢木耕太郎――追走 著者:沢木耕太郎、ほか 出版社:スイッチ・パブリッシング 2015年3月刊 \1,080(税込) 159P ご購入は、こちらから 前回紹介した『キャパへの追走』の姉妹編である。 えっ? 『キャパへの追走』が『キャパの十字架』の姉妹編じゃなか…

キャパへの追走

著者:沢木 耕太郎 出版社:文藝春秋 2015年5月刊 \1,620(税込) 318P ご購入は、こちらから 2013年2月に刊行された『キャパの十字架』の姉妹編である。 『キャパの十字架』は、おととしこの読書ノートでも取りあげ、その後、第17回 司馬遼太郎賞を受賞して話…

人生の〈逃げ場〉

副題:会社だけの生活に行き詰まっている人へ 著者:上田 紀行 出版社:朝日新聞出版(朝日新書) 2015年4月刊 \821(税込) 212P ご購入は、こちらから このところ、ストレスの少ない生活を送っている。 4月に異動した新しい職場は今のところ残業が少なく、人…